販売促進の専門メディア

Topics Recap

市場の拡大続くドラッグストア 大手の経営統合が進む

広告界の動向、ビジネスニュース、販売促進に関する新製品、新サービス、イベントなどの最新情報をコンパクトにお届けします。

【ドラッグストア】
市場の拡大続くドラッグストア 大手の経営統合が進む

スギホールディングスは6月1日、ココカラファイン(神奈川・横浜)と経営統合に関する検討及び協議を開始する旨の合意書を締結したと発表した。

近年、高齢化の影響でヘルスケア市場伸長するとともに、ドラッグストア業界の市場規模も拡大し続けている。しかし、同業他社だけにとどまらない価格競争や出店、Eコマースなどの普及による買い物客の変化なども影響し、業界内の生き残りをかけた競争が激しくなっているのが現状だ。

スギホールディングスは子会社のスギ薬局において、調剤併設型ドラッグストアを中心に関東・中部・関西エリアに1190店舗(2019年2月時点)を展開しており、顧客の健康維持・予防から介護・終末期のケアまでを一貫してサポートする「トータルケア戦略」の実現に向けた施策を積極的に取り組んでいる。

一方のココカラファインは、ドラッグストア・調剤薬局を1354店舗(2019年3月末時点)展開する。実店舗と介護周辺事業との連携を図り、地域における在宅医療・介護を一体的に提供する「地域におけるヘルスケアネットワークの構築」を構築、推進している。

調剤は今後も市場の拡大が続くと見られ、両社の医療・介護事業領域を強化する戦略が一致した結果、「ヘルスケアカンパニー」として経営統合し、ドラッグストア業界トップを目指す考え。

営業においても、関東・関西を中心に展開するココカラファインと、中部・関西を中心に展開するスギ薬局では、既存店が競合せず、お互いの商圏を補完できることから、高いシナジーも見込めるという。

7月31日をめどに、本経営統合に関する基本事項を定め、基本合意書締結を目指す。

【SDGs】
レジ袋の辞退率81.1% 無料配布の中止店舗が拡大


イオンリテールは6月5日、2018年度にレジ袋の無料配布中止を実施した店舗における買い物客のレジ袋辞退率が、81.1%まで高まっていると発表した …

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

Topics Recap の記事一覧

「プレゼント・キャンペーン」に関する調査 直近1年で6割が応募経験あり
市場の拡大続くドラッグストア 大手の経営統合が進む(この記事です)
「eスポーツ」を新しい文化に 「全国高等学校eスポーツ連盟」が今夏設立
「No.1表示」を消費者はどう受け取る? 「人気がある」3割も「信ぴょう性に欠ける」4割
日本気象協会が小売業向け需要予測 ビッグデータの有効活用を推進
スポンサードが続くeスポーツ UCCがコーヒーを通じてサポート
消費増税にむけ7割弱が「駆け込み」検討 シニア層は「キャッシュレス利用増える」傾向
クックパッドの生鮮EC配達ボックス カラ鉄などに設置
第38回白川忍賞に仲畑貴志氏 特別功労賞はデルフィスの土橋代幸氏
飲食店「リピーター作り」に高い関心 キャッシュレス導入も半数超え
春節の中国人旅行者のモバイル決済件数が増加 ファミマの「Alipay」導入効果か
ファンケルが美白へのニーズ拡大受け、従来シリーズをリニューアル発売
男性のほうが「菓子・スナック」を買う? 中国人越境EC利用者の「食」に関する消費動向

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する