販売促進の専門メディア

訪日観光客の集客アイデア

旅行中の「トラブル」を回避するスマートなおもてなし

小玉昌央(CRM協議会 理事 グローバル部会 部会長/サトーホールディングス 執行役員 最高マーケティング責任者)

日本の外国人旅行者受入数は世界で33位。訪日観光客向けの対応は、まだ始まったばかりです。外国からのお客さまをどのように「おもてなし」すればいいのか。自分が旅行者になったときの「トラブル」や「もどかしさ」をヒントにすれば、その解決策が見えてきそうです。

オランダのスキポール空港。帰国便の出発間際、税金還付手続きに追われます。「還付所はこの階ではないの?」ようやく見つけたものの、そこには行列が。「どの列に並んだらいいの?」「どの位時間がかかるのかな?」迫る出発時間。「もっと分かりやすく案内してほしいな」とぼやきながら、時計とにらめっこしています。

ある日のパリのデパート。安くて良いものがたくさん。しかも免税店。「でもいっぱい買っちゃったら持ち運びできるかな?」「オペラ座にもルーヴル美術館にも寄りたいし。荷物は預けられるかな?でも、置きにホテルに戻ったら予約したディナーに間に合わない」。慣れない場所ではこんなことにも不安がいっぱい。

フランクフルトで、遅目のランチ。「タルタルステーキって何?」ドイツ語だから分かりません。分からないけど頼んでみました。美味しかったので結果オーライ。でも、もしアレルギーとか、苦手なものが入っていたら。メニュー選びも冒険です。

─これらはすべて、私の実体験です。けれどこうしたトラブルも、もどかしさも、今や、スマートフォンと自動認識技術、自動翻訳がそろえば、そのほとんどが解決可能です。情報が欲しければ、スマホを二次元コードにかざして、母国語で取得。荷物を登録しておけば、自動的に空港やお店から、ホテルに届く。さらに進んで、迷子や荷物の紛失の防止も、技術的には可能になってきています。

旅に不安はつきものですが点

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

訪日観光客の集客アイデア の記事一覧

旅行中の「トラブル」を回避するスマートなおもてなし(この記事です)
比較検討、予約もできる 旅行者目線の観光サイト
訪日客の拡大で再評価、京王百貨店
240店が参加、商店会が主導の訪日客向けショッピングキャンペーン
サービス、品揃え、売り場演出の3本柱、免税店を展開するラオックス
各国で異なる「満足度の指標」を知り訪日外国人旅行者をリピーターに
消費税免税制度のポイントとチャンスの生かし方
訪日客の集客、販促担当者は何から取り組めばいいのか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する