販売促進の専門メディア

訪日観光客の集客アイデア

訪日客の拡大で再評価、京王百貨店

京王百貨店

海外ブランドがひしめく百貨店とは異なり、国内ブランドが多い京王百貨店。だが海外客にとっては、それが「メイド・イン・ジャパン」の品が効率よく購入できる場所として映る。

img01
img01

免税カウンターでついで買い
2020年の東京オリンピック開催時にも対応できるようにと、床面積を広くとった。休憩スペースにも、免税品を配置し、ついで買いを促している。

弱みを強みに転換

京王百貨店では、1年ほど前から、営業企画部で、訪日観光客の受け入れ対応と集客施策を強化している。

「売り場にこうした転機が訪れるとは、少し前までは想像もしていなかった」と営業企画部長の大江弘祥氏は振り返る。京王百貨店は、50年前に新宿店を開店し、京王線沿線に大型店2店舗とサテライト店などを展開。テナントは、競合百貨店と比較すると日本ブランドが多い。国内客にとっては、国内外のブランドが取りそろえられた売り場は魅力的だが、旅費をかけて来日し買い物を楽しみたい外国人旅行客にとっては、「メイド・イン・ジャパン」がそろう京王百貨店の売り場が好評だ。

免税制度改正後14年10月は、免税品の売り上げが前年の2.5倍。新たな免税対象品となった化粧品についても、日本ブランドを多く取りそろえ、また売り場スペースも他の百貨店に比べ広い。こうした売り場構成を「強み」ととらえ、ゆっくりと日本製の商品を購入できる場所として、訪日客へのアピールが始まっている。

免税カウンターで商品訴求

14年9月には、新宿店の免税カウンターをそれまでの3席から10席に拡大した。休憩スペースもとり、外貨両替機も設置している。

訪日客は ...

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

訪日観光客の集客アイデア の記事一覧

旅行中の「トラブル」を回避するスマートなおもてなし
比較検討、予約もできる 旅行者目線の観光サイト
訪日客の拡大で再評価、京王百貨店(この記事です)
240店が参加、商店会が主導の訪日客向けショッピングキャンペーン
サービス、品揃え、売り場演出の3本柱、免税店を展開するラオックス
各国で異なる「満足度の指標」を知り訪日外国人旅行者をリピーターに
消費税免税制度のポイントとチャンスの生かし方
訪日客の集客、販促担当者は何から取り組めばいいのか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する