IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

哀愁漂う「Uバク」がUTY山梨テレビの新たな「顔」に

山梨県/UTY 山梨テレビ 開局50周年キャンペーン

テレビCMは、実写15秒シリーズのほか5秒シリーズを9本制作した。

グラフィック。「Uバク」の右下のトイプードルのモデルは、窪田さんの愛犬。

アニメーションバージョンは15秒のティザーを2本、5秒を6本制作。窪田新さんの弟の窪田慎さんがアニメーションに携わった。

Tシャツやショッパー、マグカップ、タオルなどさまざまなグッズも用意。

2020年に開局50周年を迎えたUTY 山梨テレビ。スローガンを「Uワク」から「Uバク」に改めるとともに新たなキャラクター「Uバク」も誕生し、4月から本編CMを放送している。コミュニケーションのリニューアルを担ったのは、長年UTYの広告を手がけてきた電通 アートディレクター 窪田新さんと、今回から加わった同コピーライター 渡邊千佳さんだ...

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

STAND THE FLAG の記事一覧

哀愁漂う「Uバク」がUTY山梨テレビの新たな「顔」に(この記事です)
日本中の子どもたちと子育てに取り組む人を農業で応援する
260万年前に遡り、別府温泉の歴史に浸かる
ホテルが美術館に?建物の魅力を伝えるリニューアル
市長から市民へ広がった熊本流Stay Home
想いはそのままに、生き物のように新たな形態へ変化する
故郷に帰れなくとも、里帰りを味わえる
バーガーキングと「あのチーム」の復活を重ねて描く
70年代ロボットアニメ風CMで伝える 成吉思汗たれの圧倒的人気
動物たちが名古屋駅で転職活動を開始
環境問題を「15%」のクリエイティブで表現する
「リンゴしりとり」 で青森県の魅力を発信

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る