IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

DIRECTOR'S WORKS

本田翼さんの「少し狭いが、気ままな一人暮らし」を演出

気になるあのCMの演出やキャスティングについて、ディレクターにインタビュー。今月取り上げるのは、本田翼さんがシュールな歌に合わせて踊る「チャルメラ宮崎辛麺」のCMだ。

平田さんが描いた演出コンテ。

面白い違和感のある表現

アンニュイな雰囲気で、手をクロスさせる本田翼さん。「ジャーン」という鐘の音が響き、シュールな楽曲が始まる。その曲に合わせて、本田さんが宮崎県庁とサンメッセ日南のモアイ像の前で踊ったり、卵を手で浮かせるマジックをしたりと不思議なシーンが続く。そして、家で食べるのは辛さが特徴の「チャルメラ宮崎辛麺」だ。

「本田さんのかわいらしさに、違和感をかけ合わせるイメージです」と演出を担当したOND゜ ディレクター 平田大輔さん。「クールな表情と笑顔、ゆるいダンスにリズミカルな編集を掛け合わせるなど、ところどころでギャップや違和感をつくりました。当初からの狙い、というよりは企画の段階で音楽、歌詞が大枠固まったとてもキャッチーな状態で発注いただいたので、できることを探してみた結果という印象です」。

また、ラーメンを食べる家は、平田さんの中では「少し狭いが...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

DIRECTOR'S WORKSの記事一覧

DIRECTOR'S WORKSの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る