IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

「ブランデッドコンテンツ」の活用法

経済産業省が補助金でサポート 対象となる映像コンテンツとは?

経済産業省

経済産業省は2020年度、ブランデッドコンテンツ制作への補助金制度を設けた。既に今年度は10月末に応募を締め切っており、来年度の実施はこれから検討されるが、新たに国のサポートが始まった背景と、対象となるコンテンツとは。

経済産業省 ブランデッドコンテンツ事業支援のポイント

【補助金の上限】

1社につき1000万円
(補助率は補助対象経費の2分の1)

【対象】

主としてデジタル配信を行う映像の制作であること

ブランディングを目的として、事業者の姿勢や理念に対する共感を呼ぶストーリー性のある映像を新たに制作する事業であること

商品の直接的な宣伝ではなく、コンテンツとしての価値があるもの

完成した映像を発信し、その効果を測定すること(視聴回数やSNSでのエンゲージメント率など、指標は問わない)

デジタル配信に適した長さ(推奨1~3分、最長15分)

ジャンルは問わない(ドキュメンタリー、アニメーション含む)

【対象外となるコンテンツ】

製品・サービスの直接的な購買を目的としたもの

単なる企業・製品紹介、経営者のみを映像化したものなど、ストーリー性がないもの

ストーリー性があっても、企業姿勢や理念に結びついていないもの

旅費や交通費、飲食費などの経費は補助金の対象外

直接的な広告宣伝の動画は対象外

ブランデッドコンテンツとは「企業のブランディングのために、自社の姿勢や理念に対する顧客の共感を呼ぶストーリー性のある映像」を指す。そんな「ブランデッドコンテンツ」を制作する事業について、映像制作・発信、効果検証などに必要な経費の一部...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「ブランデッドコンテンツ」の活用法 の記事一覧

経済産業省が補助金でサポート 対象となる映像コンテンツとは?(この記事です)
約10日で企画制作 スタッフと家族からコロナ禍のブランドメッセージ
事例にみるブランデッドコンテンツの定義と役割

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る