IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

名作コピーの時間

「どう」じゃなくて、「どお」だった。

片桐義晴

    でっかいどお。北海道

    全日本空輸/1977年
    〇C/眞木準

    NO MUSIC, NO LIFE.

    タワーレコード/1996年
    〇C/木村透

    いい空は青い。

    全日本空輸/2002
    年〇C/一倉宏

北海道が「でっかい」というコピーと出会って、もう40年以上も経ってるんですね。当時この広告を見て、行ったことのない北海道に冒険心を駆り立てられたのを覚えています。

そして、このコピーのスゴさを知ることになるのは、それから10数年後に僕がコピーライターになってから。ふと過去の広告集をみていたとき、「でっかいどお。北海道」が目に飛び込んできました。それまで、気づかなかった。「どう」じゃなくて、「どお」だったんだと。

音では同じでも、文字にすると見え方は変わってきます。通常のダジャレ(いやオシャレ)の形式では北海道は「ほっかいどう」なので...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

名作コピーの時間の記事一覧

名作コピーの時間の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る