IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

名作コピーの時間

情けない僕を励ましてくれた言葉たち

伊藤健一郎

    がんばれワカゾー!

    大塚製薬/2000年
    〇C/秋山晶、麻生哲朗

    十五歳になった僕は二度と戻らない旅に出た。

    新潮社『海辺のカフカ』/2002年
    〇C/新潮社(黒田貴、鈴木力)

    残念だな・・・嫌なやつなら一発殴れたのにな

    サントリー/2009年
    〇C/小野田隆雄、中島英太

情けない僕を励ましてくれた言葉たち

昔から、感情を表に出すのが苦手だった。幼稚園の頃には「落ち着いてるね」と先生に言われ、ショックを受けた記憶がある。なんというか「楽しくないの?」と問われるように。今なら気にしないけど、当時は気になって。成長するにつれ、その場の雰囲気を壊さないよう笑うクセがついた。

中学の頃には、手慣れたもので。なんの躊躇もなく、感情を上塗りできるようになった。そんな時だ、ワカゾーと出会ったのは。そいつは、他人の目など1㎜も気にせず、青春を謳歌していた。行き当たりばったりで、常に捨て身。ドジで無様で可笑しいのに、僕には彼がカッコよく見えて。高校に入ったらワカゾーのように、自分むき出しで生きようと決めた...

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

名作コピーの時間の記事一覧

名作コピーの時間の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る