IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

UP TO WORKS

砂浜に作られた縦50m×横35mの巨大な新聞

イケア・ジャパン、カネカ、日本財団、日本マクドナルド、ボルボ・カー・ジャパン
新聞広告「海の声新聞」

現在さまざまな分野で課題となっている海洋汚染問題を、より多くの世代の人に興味・関心を持ってもらう狙いで、砂浜に縦50m×横35mの巨大な新聞を製作しました。巨大な新聞は砂浜の砂だけで全て手作業で制作しています。普段とは違う"新聞体感"の提供シーンを新聞原稿にすることで実際にその体験をできなかった人にも驚きと共にこの問題に関心を持ってもらえるよう、そのスケール感が伝わる表現の原稿になるよう検証を重ねていきました。
(中日新聞東京本社(東京新聞)広告局広告一部 春田靖浩)

  • 企画制作/電通+nice
  • CD/河合雄流
  • AD+D/小島梢、中村彩梨
  • C/栗田雅俊、三宅章太
  • PR/伊藤翔
  • 撮影/片岡善章、松野勇太
  • CRD/三宅健一郎
  • レタッチ/望月洋輔
  • 製版/電通オンデマンドグラフィック

UP TO WORKS の記事一覧

髪に関する「校則」について考える
大阪・心斎橋の駅をカラフルに彩った「傘」
日本犬、セツ子、ウギョ~が揃うと?
アーティストAIがマジで困ったこととは?
ファミチキ先輩が家族をお披露目
人生のハーフタイムに考えること
麦わらの一味の「アオハル」、始まる
砂浜に作られた縦50m×横35mの巨大な新聞(この記事です)
魂の叫びとダンスー汗は君のために流れる。
戸建てを夢見る小学生
ため息の少し先にある「おとなは、ながい」
スイマーの泳ぎを、水しぶきの表情で見せる
フリスクの新メッセージは「ONE FRISK, ONE STEP.」
緑の芝の五線譜から聞こえてくる音楽
ファミマのフラッペ、どう作る?
令和元年を迎える瞬間を、R-1のコミュニケーションに
歴史が変わる瞬間に立ち会ってきたセイコーならではの広告
新しい時代に込めた願い

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る