IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

           

UP TO WORKS

髪に関する「校則」について考える

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン/PANTENE
#Hair We Go「#この髪どうしてダメですか」
OOH、新聞広告

ヘアケアブランドとしてパンテーンにできること、それは現状の校則に、一方的な改善策を提示することよりも、「校則がどうあるべきか」「なぜこのルールが必要なのか」を学生と先生、そして私たち自身が議論するキッカケをつくること。そんな想いから、今回のプロジェクトがスタートしました。プロジェクトをきっかけに、前向きな議論が起こり、校則がより良い方向に進もうとしていることが、制作陣一同、おおきな励みになっています。
(PARTY クリエイティブディレクター 中村大祐)

  • 企画制作/PARTY+電通+マテリアル+J.C.スパーク+ギークピクチュアズ+S2factory+電通クリエイティブフォース
  • CD/中村大祐、高宮範有
  • EPR/田中潤
  • English C/マンディー・ワン
  • 全体

  • CD+C+企画/細川美和子
  • AD/上西祐理
  • Executive Storyteller/関航
  • グラフィック

  • D/大渕寿徳、藤谷力澄
  • CPR/大聖亜希、堀内里奈
  • PR/稲留福太郎
  • PM/佐藤憲将
  • 撮影/永瀬沙世
  • HM/高城裕子
  • ST/工藤祐司
  • ロケーションCRD/向後朋則
  • CAS/池田圭子
  • レタッチ/成澤亮介
  • 印刷/川島恵美子

UP TO WORKSの記事一覧

UP TO WORKSの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る