IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

セレクト10

今月の展覧会&コンペティション

デザイン・アート・広告賞 今月の展覧会&コンペティション

「コンポジション-モノが持つルール-」展

ATELIER MUJI
「コンポジション-モノが持つルール-」展

クリエイターと一緒に、ものを考えること、ものをつくること、またそれがある空間と時間を通して、創造の可能性を更新する、というのが本展のテーマ。美術家が作る指示書という作品組み立て説明書には、無印良品が開発、製造、販売している商品の用途とかけ離れた「こと」が書かれている。指示書というルールに従って「もの」である商品を素材として作品をつくってみると、作り手によって、そのかたちはまちまちになるに違いない。想像と創造がかたちになるとき、自分も知らない自分に、ものを通して出会えるかもしれない。

「コンポジション-モノが持つルール-」展
無印良品 有楽町 2F ATELIER MUJI
開催中、6月24日まで
店休日に準じて休館
お問い合わせ→ 03-5208-8241

47 REPAIR & CARE-47都道府県の修理と手入れ展-

ものを買わない・持たない時代へ変化する今、修理をすることで「長く使い続けられる」という視点が、改めて重要視されている。本展では、割れた陶磁器を漆で直す漆継ぎの「田代淳」(岩手県)や、地元で自生する草木で衣類の染め直しをする「金井工芸」(鹿児島県)など、暮らしに関わる道具や衣服などの、修理や手入れをしているメーカーや作家を47都道府県から1つずつ選出。地域の特性を感じながら、「つくる」「売る」「使う」それぞれの立場から、これからの「もの」の消費のあり方を問う企画となっている。

47 REPAIR & CARE-47都道府県の修理と手入れ展-
d47 MUSEUM
開催中、6月11日まで
会期中無休
お問い合わせ→ 03-6427-2301

第64回ニューヨーク タイプディレクターズクラブ展

キービジュアル

本展に先立って5月18日まで開催されている日本タイポグラフィ年鑑2018作品展の展示風景

日本タイポグラフィ協会とニューヨークタイプディレクターズクラブの提携により開催される本展。世界各国から応募された作品の中から選出された優秀作品が一堂に会する。グラフィック作品が持つパワーやディテール、パッケージ作品などの重みや質感、エディトリアル・デザインにおける装丁や文字組みの絶妙さなど、作品写真ではなかなか伝わりづらい表現を実物から体感できる展覧会となっている。

第64回ニューヨーク タイプディレクターズクラブ展
竹尾 見本帖本店2F
5月22日~6月22日
土曜、日曜、祝日休館
お問い合わせ→ 03-3292-3669

グッド・デス・バイブレーション考

「グッド・デス・バイブレーション考」
グラフィック:Kei Uchida イラスト:Ai Teramoto

劇団サンプル公演『ブリッジ』 2017年より
撮影:青木司

劇団サンプル公演『ブリッジ』 2017年より
撮影:青木司

作家であり、演出家であり、俳優でもある松井周は2010年『自慢の息子』で、第55回岸田國士戯曲賞を受賞。現代の歪みを象徴する人々のエピソードをサンプルのように呈示し、現代社会のありさまをありのままに受け止める作風で人気注目を集めている。本作は深沢七郎の小説『楢山節考』をヒントにした新作。12年振りの舞台出演となる戸川純を迎え、活躍目覚しい個性派の俳優たちと、グッド・デス(安楽死)や現代の「家族」「死」のあり方を問いかける …

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

セレクト10 の記事一覧

今月の展覧会&コンペティション(この記事です)
今月の展覧会&コンペティション
今月の展示会&コンペティション
今月の展示会&コンペティション
今月の展覧会&コンペティション
今月の展覧会&コンペティション

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る