IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

事業構想とクリエイティビティ

日本人の感性を取り入れたワークスペース

アイデアが溢れ、社内外との共創が行われるワークスペースづくりは、多くの企業が取り組むテーマだが、実現は容易ではない。数多くのイノベーションセンターを設計する建築家の視点とは。

2013年に竣工した自動車部品メーカーROKIの研究開発棟
「ROKI Global Innovation Center ーROGICー」(撮影:新井隆弘)

「大きなワンルーム」で皆が働く

小堀哲夫建築設計事務所の小堀哲夫さんは今年、日本の建築史上初めて、日本を代表する建築賞「日本建築学会賞」「JIA日本建築大賞」を同年内にダブル受賞した。

受賞作は、浜松市の自動車部品メーカーROKIの研究開発棟「ROKI Global Innovation Center ーROGICー」。天竜川に面した小高い丘の上に位置し、自社製フィルターでドーム状の屋根を覆っている。フィルターを通して天気や空模様の変化を感じられるほか、風も取り込むデザイン。小堀さんは「自然を包み込んだテントのような、大きなワンルーム」と表す。

内部は4層の棚田状になっており、視線が抜けて人の動きがよく見える ...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

事業構想とクリエイティビティ の記事一覧

日本人の感性を取り入れたワークスペース(この記事です)
メガネの未来に向けた種蒔き
創造人として重要な4要素
日本の湯道具を進化させた「YUIRO」の試み
ホラーイベントで地域活性
感性マーケティングの時代に生まれるイノベーション

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る