IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

REPORT

やきもの産地活性化新プロジェクトがスタート

佐賀県×宣伝会議 SAGA DISH&CRAFTプロジェクト

やきものを日常の延長で楽しむアートイベント

プロジェクトのWebサイト。ロゴを手がけたのはcosmosの内田喜基さん。
http://dish-and-craft.jp/

内田さんが吉田焼の窯元とコラボレーションして制作したお皿。

「日本磁器のふるさと」と言われる肥前窯業圏。佐賀県と長崎県にまたがるこの地域は、唐津、伊万里、武雄、嬉野、有田など、日本でもトップクラスの陶磁器産地が集結している。2016年4月に文化庁が発表した日本遺産(有形無形の文化財をひとつのテーマでまとめ、地域の魅力を発信する)にも認定され、今後ここからさまざまな情報発信が行われていく。

そのプロジェクトの一環として昨年10月に立ち上がったのが、アーティストやクリエイターの力でこのエリアに人を呼び込み、磁器への関心を高める「Saga Dish & Craft」プロジェクトだ。「DISH」は「料理」と「お皿」を、「CRAFT」は「美術品」と「技術」を指す。イギリスで19世紀におこった生活と芸術を統一する運動「Arts & Crafts」になぞらえ、肥前窯業圏の「陶磁器」と「郷土料理」という『生活に根ざしたアート』を最大限に愉しむアートイベントである。

舞台となるのは、佐賀県内の5つの産地(唐津、伊万里、武雄、嬉野、有田)にあるカフェやレストラン。地元をよく知るキーマンがコーディネーターとなり、各飲食店では地元産の器で、地元食材を使った料理が食べられる。さらに ...

あと35%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

REPORT の記事一覧

やきもの産地活性化新プロジェクトがスタート(この記事です)
どんな映像をつくるかとどう生きていくかは直結している
「1億人がドカンと沸く」それがCMの快感
いきものがかり 水野良樹さん コピー年鑑2016を読む
企画の根っこを押さえた上で面白さの最大値を探っていく
八木敏幸のディレクター道「ディレクターに必要なのは粘り強さと客観性」
映像クリエイターのための「チャレンジャーde ないと」開催レポート

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る