IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

PICK UP

“差し入れ”を題材にした新しいサンプリングのかたち

森永製菓「フレフレ、部活。母校にinゼリー」

森永製菓は9月1日から30日まで、『フレフレ、部活。母校にinゼリー』キャンペーンを実施。SNS上では母校に投票するOB・OGによるシェアが拡がり、話題を呼んでいる。

サイトトップ。キャッチコピーは「あの日の自分にさしいれを。」。

ムービーには東海大学付属浦安高等学校の生徒が出演。部活動のさまざまな場面を撮影している。

OB・OGが参加するサンプリングキャンペーン

今回のキャンペーンは“本気でがんばる部活生を応援する”というコンセプトのもと、部活動のOB・OGが自分の所属していた部活動へWeb 上で投票を行うことで、ウイダーinゼリーが無料で“差し入れ’’されるというもの。得票数が多くなるほど当選の確率が上がる仕組みで、サイト内ではランキング形式で得票数の多い部活が表示され、OBやOGから最も応援されている部活が一目でわかるようになっている。

1994年に発売された同商品は、スポーツのみならず、さまざまなシーンで飲用されている。今後、世代、シーンを問わずに商品の活用を広げていくと同時に、ウイダーin ゼリーを長く親しんでもらうために、高校の「部活生」にターゲットを絞り実施した。

キャッチコピーは「あの日の自分にさしいれを。」。学生時代に部活に励んでいたころの気持ちを思い出しながら、制作は進んだ。「自分の母校や地元を応援したい気持ちは誰もが持っているが、なかなか行動に移せない人が多い。そんな後ろめたさを払拭し、“差し入れ’’という形を通して、キャンペーンの参加に繋げたいと考えた」と企画の電通 佐久間崇さん。

当初、佐久間さんたち制作チームはOBやOGが複数人でウイダーinゼリーを購入し、クラウドファンディングのようなかたちで母校に“差し入れ’’ができるプラットフォームを提案していた。森永製菓が以前より学校や各種スポーツ大会へのサンプリングを行っていたこと。そして、新しいサンプリングの方法を考えていたことから、今回、“差し入れ’’を軸に …

あと53%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PICK UP の記事一覧

“差し入れ”を題材にした新しいサンプリングのかたち(この記事です)
ラップでつづるハードボイルドな即席めん開発ストーリー
「プリウス試乗味」のコーヒーとガムが発売に
非リアvsリア充のラップバトル
「しあわせ一番町」のコミュニティを全国に広げていく
キウイフルーツを体現した新キャラクターが全国のスーパーを席巻
再生回数1600万回突破!地元をテーマに名作文学を舞台映像化
生まれ変わったサンシャイン60展望台
知られざるヘルシーフード お好み焼きをPR
脚色は一切なし!完全アドリブでCM撮影に臨む
むぎゅ~とだきつくファン続出。巨大ぬいぐるみが新宿駅を癒しの空間に

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る