IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

デザインの見方

1本のボトルが与えたデザインの初期衝動

小玉 文

私がデザイナーになろうと思った​のは高校3年生のときでした。通っ​ていた学校は美術系ではなく、朝の​6時から補習があるほどの進学校。​勉強漬けの毎日に「このまま大人に​なるのはつまらない。脇道に逸れた​いな」と思うようになり、面白いほ​うへ逃げるように美術系予備校の夏​期講習へ通いはじめました。そのと​きはちょっとしたアウトロー気分。​絵を描くことは昔から好きでしたが、​予備校へ行ってからは周囲のレベル​の高さに打ちのめされました…。​

そこで受けた講義をきっかけに、​グラフィックデザインのかっこよさ​を知り、デザイン学科を目指すこと​にしました。美大には一浪して入学​しましたが、浪人中には素敵なデザ​インとの出会いもありました。TY​ NANTのボトルパッケージです。​

当時出版された「PEN」のデザ​イン特集に、ミネラルウォーターの​ボトルが掲載されていました。その​ひとつが、TY NANTです。ボトル​の形をとどめていない、水そのもの​を形にするような自由な発想。こう​いうパッケージもあるんだと感銘を​受け、私の既成概念は打ち壊されま​した。余計な装飾が一切ないTY​ NANTに惹かれたのは …

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デザインの見方の記事一覧

デザインの見方の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る