IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

シェアされる動画 その発想と企画

Web上で『公開される』映画と考える

三井不動産レジデンシャル「タイムスリップ!堀部安兵衛」

三井不動産レジデンシャルは2014年9月に、特設サイトで「タイムスリップ!堀部安兵衛」(以下 堀部安兵衛)の公開を開始した。制作を手がけた髙崎卓馬さんは「通常のWeb動画と一線を引いた」と話す。

01 「2時間くらいの内容を30分強につめこんだので、ストーリー的にはかなりジャンプしているところがあるけれど、コメディゆえに許してもらえたところが大きい」と髙崎さん。

02 映画のように交通広告も展開して告知。

CMの延長線上ではつくらない

本作品は、忠臣蔵の舞台である吉良邸討ち入り最中に現代へタイムスリップしてしまった超堅物の剣豪・堀部安兵衛が、現代で不動産会社のサラリーマンとして働くコメディ。大森南朋、神木隆之介、高畑充希といった人気俳優が出演し、主題歌を斉藤和義が歌うこの作品、視聴時間は30分を越える。公開前には、映画さながらマスコミを集めて試写会も開催した。「一般的に見ればWeb動画の範疇かもしれませんが、これは言わば映画館ではなく、“Web上にある映画”。見せ方、PRの仕方などすべてにおいて通常のWeb動画とは一線を引きました」と話すのは、電通 髙崎卓馬さん。「堀部安兵衛」では、企画と脚本を手がけている。

「不動産広告ゆえに制約が多く、通常の広告でのコミュニケーションに限界を感じている。それを打ち破るべく、新しいコミュニケーションに挑戦していきたい」。三井不動産レジデンシャルの想いを受けて、高崎さんがまず考えたのは、Webをコミュニケーションの入口にすること。不動産を検討する人は、必ずネットで検索をする。そこに絶対に見たくなる面白いコンテンツを提供すれば、より深くコミュニケーションを取ることができる場になると考えた。

このとき重視したのは、徹底的に「面白い」コンテンツをつくること。「個人的に、これまでWeb動画を見たときに、面白いと思うことがほとんどありませんでした。面白くない理由のひとつは ...

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

シェアされる動画 その発想と企画 の記事一覧

ショートフィルムを通して広告のルールそのものを変えていく
動画を最後まできちんとみてもらうために、つくり手は何をするべきか
視聴者にも、メディアにも新鮮に映る要素を盛り込む
クリエイターのネームバリューでアクセスのきっかけをつくる
史上最大のワンカットは、こうして生まれた
昭和をテーマにした映像で幅広い世代の心をつかむ
Web上で『公開される』映画と考える(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る