IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

特集 先進企業がつくる世界のヒット動画

2014年は短時間動画躍進の年となるか?

VineやInstagramビデオが登場し、爆発的に普及した短時間動画。ちょっとしたすき間時間に楽しめるため、ブランドコンテンツとの接点としても期待がかかる。


「ちょっとしたハックもの」――Oreo
「Oreo」が#OreoSnackHacksのハッシュタグで展開しているVineのシリーズ。この動画は、パーティなどの場で、皆でディップを楽しむための方法を紹介する。この「ちょっとしたハックもの」は、短時間動画でひとつのジャンルになっている。例えばインテルは、「すぐできるキーボードの掃除の仕方」「身近なものでケーブルを整理する方法」などを投稿している。

あと79%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

特集 先進企業がつくる世界のヒット動画 の記事一覧

2014年は短時間動画躍進の年となるか?(この記事です)
ブランデッド・コンテンツは人々の隣で語る
「Oreo分離マシーン1号」の見る前にシェアされる構造
超美麗プロジェクション「BOX」のタネを探すことも忘れるクラフト力
ホームレス男性大変身 涙腺刺激ムービーの舞台裏
イタズラ動画――痛快さと悪ノリの境界線「Pepsi MAX Uncle Drew」
サービスをスラングに空耳「Ship My Pants」
「Hump Day」毎週水曜に必ずシェアされる動画
皆が反応したくなる設計 ヴァン・ダムの股割り動画
グーグルCCOが語る「ユーザーと価値観で通じ合う広告主たち」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る