日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

トップ広報と演出法

ソフトバンク、NTTドコモ、ソニー、ローソン ......発信力の高い有名トップの演出力を診断!

永井千佳(ボイストレーナー、音楽指導者、ピアニスト)

ソフトバンク 孫 正義 社長

今年6月5日に開催された、ロボット「Pepper(ペッパー)」発表会見での様子。資料を見ることなく、自分の言葉で語っている。スピード感のある孫さんの経営だが、最近は対照的に、話し方はゆっくりしていて間をとり、語尾もしっかりと止めて、間合いをとっている。歩き方や動作もゆったり。本発表会では、ペッパーと一緒に、意図的に手を広げる動作を頻繁にしていたが、この動作はオープンなイメージを印象づけるために効果的な方法。「頬をあげる」「手を広げる」の2つは、意識的に心がけた方が良い。

NTTドコモ 加藤 薫 社長

今年5月14日に開催された ...

あと76%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

トップ広報と演出法 の記事一覧

スティーブ・ジョブズにも負けない?上手いプレゼンができる社長はこの人だ!
ジョブズの影響高し!広告会社に聞く、トップコンサルティングのニーズ
キリン広報出身、女性社長の心意気「格好つけず、本音で接する」モットー
「ちょい悪ブーム」火付け役・ファッションディレクターが、トップのコーディネートを指南
まるで俳優?ドミノ・ピザ米国人社長「体を張った」トップPRの裏側
誤解されない話し方、炎上しない答え方とは?トップインタビューの極意
元日経ビジネス編集長に聞く――あなたは「社長、会見に出るべきです」が言えますか?
ソフトバンク、NTTドコモ、ソニー、ローソン ......発信力の高い有名トップの演出力を診断!(この記事です)
元スタバCEOが語る、強いトップのメディア・プレゼン力とは?