日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

トップ広報と演出法

スティーブ・ジョブズにも負けない?上手いプレゼンができる社長はこの人だ!

西田宗千佳(ジャーナリスト)

トップにとって、自社や自社製品のプレゼンテーションは大切な役目の一つ。だが残念ながら、日本企業のトップの多くは、プレゼンが「上手くない」。国内外の多くのプレスカンファレンスに参加してきたジャーナリストに、“伝わる”プレゼンのポイントについて聞いた。

今年5月に開催されたNTTドコモ新製品発表会での一コマ。加藤薫社長が巻物に書かれたキャッチフレーズを手に、「誰もが覚えて帰る情景」を作り出した。

ジョブズがプレゼン名人だった理由

「プレゼンの達人」として一番に名前が挙がる企業トップといえば、やはり、故スティーブ・ジョブズだろう。筆者も、数え切れないくらいの回数にわたり、生で彼のプレゼンを聞いている。そして、いまだ彼が最高のプレゼン名人であることに異論はない。

ジョブズ氏はあまりにプレゼンがうまいことから「“現実湾曲フィールド”をもっている」とまで言われた。聴衆が彼のプレゼンに飲まれて、自らの意見を曲げて、彼の意見を採り入れてしまうからだ。冷静になると今ひとつ魅力に欠ける製品でも、彼のプレゼンにかかれば大傑作のように見える。

ジョブズ氏はカリスマだ。だが、プレゼンの上手さを支えていたのは、おそらく、その“カリスマ性”ではない。

秘密を明かす前に、別のプレゼン名人の話をしよう。その人物は、ソフトバンクの孫正義社長である。ジョブズ氏と違い、孫氏には「現実湾曲フィールド」はない。だが、彼がプレゼンを行うと、打ち出す施策には説得力が生まれる。そして何より、彼が「全力で事に当たろうとしている」と強く感じられるようになる。

両者の共通点はなんだろうか?それは「自分でプレゼン内容を吟味している」ということだ。

企業トップは忙しい。2時間にもおよぶ ...

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

トップ広報と演出法 の記事一覧

スティーブ・ジョブズにも負けない?上手いプレゼンができる社長はこの人だ!(この記事です)
ジョブズの影響高し!広告会社に聞く、トップコンサルティングのニーズ
キリン広報出身、女性社長の心意気「格好つけず、本音で接する」モットー
「ちょい悪ブーム」火付け役・ファッションディレクターが、トップのコーディネートを指南
まるで俳優?ドミノ・ピザ米国人社長「体を張った」トップPRの裏側
誤解されない話し方、炎上しない答え方とは?トップインタビューの極意
元日経ビジネス編集長に聞く――あなたは「社長、会見に出るべきです」が言えますか?
ソフトバンク、NTTドコモ、ソニー、ローソン ......発信力の高い有名トップの演出力を診断!
元スタバCEOが語る、強いトップのメディア・プレゼン力とは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する