広告マーケティングの専門メディア

対象顧客に共感される 企業・商品の広め方

『冷やして食べるパン』の八天堂 駅ナカ出店やコラボで露出する場を拡大

八天堂

冷やして食べるパンのパイオニア的存在であり、広島県から全国に広がった八天堂の「くりーむパン」。誕生以来、広告宣伝をほとんど実施してこなかった「くりーむパン」は、どのように注目を集めてきたのか。企画開発部の串岡章史氏が同社の歴史をもとに振り返る。

新しい文化の創造と共にブランドも全国へ進出

昭和8年に広島県三原市で創業した八天堂は、和菓子屋、洋菓子屋と続き、3代目代表取締役社長の森光孝雅氏がパン屋を開業。和菓子・洋菓子屋時代のノウハウを生かしつつ、“冷やして食べるくりーむパン”という独自の商品が誕生した。

口コミで広まっていった八天堂の「くりーむパン」は、広島から東京へ進出。駅ナカへ出店をすると、日々完売の状態が続いたという。好調の要因について、同社企画開発部の...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

対象顧客に共感される 企業・商品の広め方の記事一覧

対象顧客に共感される 企業・商品の広め方の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する