広告マーケティングの専門メディア

対象顧客に共感される 企業・商品の広め方

顧客を『シェア』し強固なつながりをつくる COEDOのコラボ事業に迫る!

協同商事 コエドブルワリー

クラフトビールブランドCOEDO(コエド)は、コミュニティ運営や商品、イベント企画を実施する団体、LIFE IS ROSEとのコラボレーション商品「LIFE IS ROSE ALE」の開発を着手。8月12日よりMakuakeにて限定販売を開始した。これまでにも多くのコラボレーション企画を実施してきた同社の考えを、代表取締役社長の朝霧重治氏が話す。

ビール×コミュニティのコラボで「本気で語り合う」シーンを創出

埼玉県川越市を拠点にクラフトビールを製造・販売する協同商事コエドブルワリーは、同社のCOEDOブランドにて、「ひとりひとりがバラ色の人生を歩める社会をつくる」をミッションとするコミュニティ運営団体、LIFE IS ROSEとのコラボレーションを実施。

「本気で語り合うきっかけをつくる」をコンセプトに、Makuake限定商品として、「LIFE IS ROSE ALE」を企画し、8月12日より応援購入受付を開始した。

「LIFE IS ROSE ALE」には、埼玉県深谷市に農園を持つROSE LABOが生産する無農薬食用バラ(エディブルフラワー)が使用され、バラの華やかな香りが感じられる仕上がりを目指している。

本コラボ実現の経緯について、協同商事 コエドブルワリーで代表取締役社長を務める朝霧重治氏は、LIFE IS ROSEが考える“ひとりひとりのバラ色の人生”という多様性と、クラフトビールの様々な個性・多様さというCOEDOが大切にしている価値観が合致し、本気でコミュニケーションを楽しむ場で“会話の後押しとなるようなビール”をつくろうと意気投合したことがきっかけだと話す。

「たとえ友人や家族であったとしても“本気で語り合う”のは、照れくささがあるもの。そんな時に心を開き、リラックスする助けになるアルコール飲料を開発しました」(朝霧氏)。

そのため、ターゲットは年齢や性別を問わず、就職や結婚をはじめとした人生の節目を迎えている人や、本気で語りたい思いを持っている人などを想定しているという。

これまで、数々の社外とのコラボ商品を実現してきたCOEDOブランドだが、朝霧氏はコラボ事業において重要なのは...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

対象顧客に共感される 企業・商品の広め方の記事一覧

対象顧客に共感される 企業・商品の広め方の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する