広告マーケティングの専門メディア

対象顧客に共感される 企業・商品の広め方

台湾カステラ味のジュースにお湯の販売!? チェリオの独自路線商品

チェリオコーポレーション

コモディティ化する飲料業界の中で、他社とは一線を画した独自路線の商品開発を行っているチェリオコーポレーション。ユニークな商品を生み出す同社の考えの基軸とプロモーション戦略について、マーケティング課の高田梓氏に聞いた。

※「台湾カステラソーダ」を対象とした内容

焼き立て台湾カステラを飲む?!全社一丸で挑む商品開発

チェリオコーポレーションは8月30日、なめらかでふわふわとした食感で人気を集めている「台湾カステラ」をイメージした「台湾カステラソーダ」を発売した。

本商品は、焼き立ての香ばしい台湾カステラを飲料で再現するため、封を開けると、台湾カステラを焼いた時にふわっと立ち上る卵の香りを感じられるほか、一口食べた時の「ふわふわ・しゅわしゅわ」感を、やさしく弾ける炭酸で表現。甘いもので一息つきたい時にぴったりの「飲めるスイーツ」となっている。

同社では過去にも、このような独自路線の商品を多数開発。2019年には醤油にしか見えないオレンジジュース「なんちゃってオレンジ」、2020年には、マヨネーズそっくりの「なんちゃってクリームソーダ」を販売し、SNSなどで話題となった。

同じく2020年に冬場の自動販売機での売上の低下を課題ととらえた同社は、ほうじ茶、ブラックコーヒーと共に、自動販売機にて「お湯」を販売。そのユニークさから多くのメディアに取り上げられたほか、「あたたかいものは飲みたいが、カフェインが気になる」層や、「甘いものを飲みたくない」層にマッチし、市場でも話題になったという。

この振り切った商品展開により、マス広告に頼らずとも、PRやSNSにより情報が拡散されているチェリオコーポレーション。このような独自の商品が生まれる背景には...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

対象顧客に共感される 企業・商品の広め方の記事一覧

対象顧客に共感される 企業・商品の広め方の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する