広告マーケティングの専門メディア

顧客体験を基点に実現する マーケティングDX

マーケターが知っておくべき世界の潮流 3つの注目キーワード

菊地真之氏(Braze)

コロナ禍では、グローバルのテクノロジーベンダー各社が本国で主催する各種イベントへの参加が難しくなった。いま、日本のマーケターが注目すべきマーケティングの潮流とは何か。Braze日本法人代表取締役社長の菊地真之氏が解説する。

1. 究極のオートメーション

すでに欧米で加速している“究極のオートメーション”とは、エンジニアの工数がなく、データのサイロ化がない状態で少数のマーケターだけでパーソナライズされたメッセージを適切なチャネルで実行することができ、ほぼ自動で最高の顧客体験を提供でき収益が上がるという仕組み。これを実行するには顧客の“今”という一瞬を捉えて、その顧客に価値ある体験を即座に提供する“究極のリアルタイム性”が必要です。

2. 「マーケティング5.0」時代のマーケター

フィリップ・コトラーの新著作「マーケティング5.0:Technology For Humanity」では、これからのマーケターは、最新テクノロジー(AI/IoT/ML)を活用し、消費者の行動を予測、文脈を理解しながら、パーソナライズな顧客体験の提供が重要と...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

顧客体験を基点に実現する マーケティングDX の記事一覧

理解浸透、共感醸成を図る!動画は顧客体験を高める「ハブ」
クリエイティブを科学して、すべてのニーズとペインに対応する
徹底した顧客理解の先にあるチャネル最適化 CX向上を支える3つのポイント
一貫性のない発信がブランド毀損を招く!企業のバリューから考え直すDX戦略
国内のマーケティングDXのポイントは「顧客視点のエコシステム構築」
マーケターが知っておくべき世界の潮流 3つの注目キーワード(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する