広告マーケティングの専門メディア

「ネット広告の体験品質」課題と対策

課題は透明性の担保と寡占化への対応 テクノロジーの発展を妨げない仕組みづくりを

橋本咲彩氏(Spider Labs)

デジタル広告の配信を支える技術が急速に発展する昨今、日々変わっていくその全体像をとらえることは難しい。生活者の広告体験向上のためには、どのような取り組みが必要なのか。アドフラウド対策ツールを提供する、Spider Labsの橋本咲彩氏に話を聞いた。

アドテク企業に求められる、急速な技術革新に対する啓蒙活動

アドテクノロジーが急速に発達した昨今。運用する側の実務経験や法整備が追いつかず、その内部がブラックボックス化している現状があります。

特に透明性に関しては、広告配信システムが複雑なことからも広告主側での把握が難しくなっています。このときに、広告主だけではなく広告会社、配信ネットワーク、サービスを提供するベンダーのそれぞれがチェック・認証を行なって、透明性を確保していく必要があるでしょう。

また、プライバシー保護のもとにデータ流通が制約され、一部事業者による寡占化も問題視されています。公平性が失われるなかで、日本企業が二番手、三番手に追いやられてしまい、今テクノロジーの発展そのものにブレーキがかかっている状況です。

内閣官房デジタル市場競争本部により4月27日に...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「ネット広告の体験品質」課題と対策 の記事一覧

人ではなく、コンテクストにターゲティング クッキー利用規制が技術の進化へつながる
課題は透明性の担保と寡占化への対応 テクノロジーの発展を妨げない仕組みづくりを(この記事です)
「刈り取り」偏重からの脱却 デジタルでロイヤルティを高められるか?
アドベリフィケーションのリスク対策率は4割 正しく投資できる環境をつくる
ついに始まったデジタル広告の転換期 重要なのは業界全体で向き合うこと
記憶に残る広告を提供できているか?時代に合わせ生活者との接点を模索
爆発的に増え続ける「枠」 ユーザーにとって違和感のない広告で成果を
アドベリで「枠」の問題は解決できる 目を向けるべきはクリエイティブの質
大手企業の宣伝部長に聞く、「アドエクスペリエンス」の課題
JAA×JIAA対談 デジタル広告における課題にアドバタイザーはどう向き合うべきか?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する