広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

忙しい女性を後押し! 日本初 エキナカ無人ラーメン店

エースコック「モッチッチ ステーション」

エースコックは、日本マイクロソフトとアイロボットジャパンと連携し、2月14日~28日のうち、平日および24日(祝振替)を含む11日間、JR渋谷駅の山手線ホームにて、同社商品「ラーメンモッチッチ」を販売する日本初のエキナカ無人ラーメンショップ「モッチッチ ステーション」をオープンさせた。

異業種3社がタッグを組み日本初の試みに挑戦

エースコックは、日本マイクロソフトとアイロボットジャパンと連携し、2月14日~28日のうち、平日および24日(祝振替)を含む11日間、JR渋谷駅の山手線ホームにて、同社商品「ラーメンモッチッチ」を販売する日本初のエキナカ無人ラーメンショップ「モッチッチ ステーション」をオープンさせた。

店内は、出入り口のそばに自販機が設置されており、そこから「ラーメンモッチッチ(ワンタン麺味、もしくは野菜タンメン味)」を取り出すと、選んだ商品の重量で商品個数が認識され、ディスプレイに料金が表示される。また、セルフでカップにお湯を注ぐ際のお湯の量、さらには箸やおしぼりなどの備品すべてが、日本マイクロソフトのクラウドサービスにより、重量で認識され、管理されているという。食事を終えると、アイロボットジャパン提供の『ブラーバ ジェット m6』が卓上を掃除してくれる。

2017年の販売開始から女性を中心に人気を博し、徐々に売上を伸ばしてきた「焼そばモッチッチ」。2019年10月には、モッチッチを特徴づける独自食感を実現した「ラーメンモッチッチ」を新たに発売。

今回は、「焼そばモッチッチ」のメインターゲットである女性に向けて、新商品「ラーメンモッチッチ」の認知拡大を図るため、その手軽なおいしさを移動時間や仕事帰りなどの「すきま時間」に体験してもらうという企画。その結果、3社の技術を結集してつくられたのが、このエキナカ無人ラーメン店「モッチッチ ステーション」だ。

同社マーケティング部 広告宣伝グループの森本潤一氏によると、忙しくて時間のない女性を中心に、「スマートに、おいしい食事を提供したい」との思いがこの企画の背景にはあった …

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーン の記事一覧

閉幕前にファンと思い出を共有 東横デパート一大キャンペーン
忙しい女性を後押し! 日本初 エキナカ無人ラーメン店(この記事です)
「ハシカン×Twitter」で新社会人の遊び心を刺激
受験生を陰から支える 応援キャンペーンを展開
腹ペコ学生のデッカい味方! お腹の音専用消しゴムを開発
「サッポロ一番」シリーズ 擬人化された2商品が全国行脚
「PYUANあげみざわAI」がネガディブな想いも洗い流す
物語がある「ダース」の魅力を実況通じ多様に表現
ファン層の拡大を目指し2年連続で「日向坂46」を起用
「機動戦士ガンダム」とコラボし「ニュータイプ」の社会人を応援
BMWが「天才バカボン」とコラボ「うちのクルマは天才なのだ。」
ターゲットは20~30代 ユニークCMで認知拡大を目指す
ムーチョに『無我夢中』に「カラムーチョ」35周年キャンペーン

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する