広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

BMWが「天才バカボン」とコラボ「うちのクルマは天才なのだ。」

ビー・エム・ダブリュー「うちのクルマは天才なのだ。」キャンペーン

BMWは「新型BMW 1シリーズ」の新たなコミュニケーションとして、国民的ギャグ漫画「天才バカボン」とコラボレーションした「うちのクルマは天才なのだ。」を11月1日より実施した。

便利機能を訴求し女性の新規顧客取込みを目指す

ビー・エム・ダブリュー(以下、BMW)は「新型BMW 1シリーズ」の新たなコミュニケーションとして、国民的ギャグ漫画「天才バカボン」とコラボレーションした「うちのクルマは天才なのだ。」を11月1日より実施している。

それに伴い、ハリウッド映画風に実写化されたバカボンファミリーが同車のスタイリッシュな各機能を紹介するテレビCM「THE GENIUS BAKABON & BMW」篇を11月9日より全国で放映開始した。

さらにWebムービー「THE GENIUS BAKABON & BMW」では「リバース・アシスト」篇、「パーキング・アシスト」篇、「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」篇を11月8日よりホームページおよび各種SNSにて公開している。

今回、「天才バカボン」とコラボレーションした理由について、ビー・エム・ダブリューBMWブランド・マネジメント・ディビジョン ブランド・コミュニケーション サブライン・マネジャーの井上朋子氏は、「誰もが親しみのあるコンテンツを使うことで、その世界観の中で分かりやすく機能訴求ができると考えました」と話す。

そもそも、BMWはオーナーの多くが男性ということもあり、女性にも乗りやすい車として、女性の新規顧客の取込みを目指しているという。

新型BMW 1シリーズにはリバース・アシストやパーキング・アシスト、BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントといった先進技術を用いた便利機能が多数搭載されている。これについて井上氏は、「若い世代や女性のお客さまの多くが充実した機能や安全性を重要視しています。そのため、新型の利便性を訴求することが重要だと考えました」と話す …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーン の記事一覧

BMWが「天才バカボン」とコラボ「うちのクルマは天才なのだ。」(この記事です)
ターゲットは20~30代 ユニークCMで認知拡大を目指す
ムーチョに『無我夢中』に「カラムーチョ」35周年キャンペーン
月額39円で3点借り放題 服を借りることの習慣化、目指す
「てりやきマックバーガー」30周年 YOSHIKIさんがムチャぶり!
まぐろ、にわとりによる長年の抗争の末「シーチキンチキン」誕生
チョコレートの要素を盛り込み 9名の人気作家が書き下ろし
社長を「ヤフオク!」に出品!? 前代未聞の試みで認知度向上
西島先輩と伊藤くんがひとつのCMで2つの商品を訴求
水原希子さんを起用し『ジブンらしさの解放』を表現
商品名を一切記載しない問いかけのみの駅貼り広告で勝負
夏休みを乗り越えたお母さんたちへ しんちゃんのつぶやきが反響呼ぶ
首都圏での認知度向上を狙い対象商品全ての棒を「はずれ」に
旅行での使い方、無限大!ジップロック(R)が使用法を伝授
自由度の高い『遊び』で仲間との日常を盛り上げる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する