広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

腹ペコ学生のデッカい味方! お腹の音専用消しゴムを開発

サントリー食品インターナショナル「<ギュル消し>が当たるキャンペーン」

デカビタCゼリーでは、授業中に鳴ってしまうと恥ずかしい「お腹の音」をカモフラージュする消しゴム“ギュル消し”が当たるキャンペーンを2019年12月9~22日まで実施した。

10代の9割以上が悩む「お腹の音」に着目

サントリー食品インターナショナルが販売する「デカビタCゼリー」は、授業中に鳴ってしまうと恥ずかしい「お腹の音」をカモフラージュする消しゴム“ギュル消し”が当たるキャンペーンを2019年12月9~22日まで実施した。

本キャンペーンは、デカビタCゼリーのTwitter公式アカウントをフォローの上、同アカウントによる投稿をリツイートすると、お腹が「な(=7)」「る(=6)」にちなみ、計76名にギュル消しが贈られるというもの。

企画理由について、読売広告社コミュニケーションデザインセンターの市川晴華氏は、「2週間で、学生の共感を呼びながら話題を集め続けられるキャンペーンにしようと考えました」と話す。

ギュル消し開発にあたり、同社では事前に全国の男女1000人を対象に「お腹の音に関するアンケート調査」を実施した。調査の結果、10代の回答者のうち90.8%もの人が「お腹の音に困ったことがある」と回答。さらに、お腹の音を鎮めるために「思いっきり空気を吸い込む」「他の音を立てる」「お腹に力を入れる」など、なんらかの工夫をして音を消そうとする人が76%に上ることが分かった。

このアンケート結果を受け、市川氏は「そんな瞬間に、大盛りでお腹を満たせるデカビタCゼリーの存在をアピールできれば、と考えました」と話す。一方で、「ゼリーを飲む」以外にも、もっと自然に音をごまかせるモノを開発し、腹ペコ学生の悩みに寄り添えないだろうかと考えた末、「お腹の音がかき消せる!お腹の音専用消しゴム“ギュル消し”」の開発が決まったという …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーン の記事一覧

受験生を陰から支える 応援キャンペーンを展開
腹ペコ学生のデッカい味方! お腹の音専用消しゴムを開発(この記事です)
「サッポロ一番」シリーズ 擬人化された2商品が全国行脚
「PYUANあげみざわAI」がネガディブな想いも洗い流す
物語がある「ダース」の魅力を実況通じ多様に表現
ファン層の拡大を目指し2年連続で「日向坂46」を起用
「機動戦士ガンダム」とコラボし「ニュータイプ」の社会人を応援
BMWが「天才バカボン」とコラボ「うちのクルマは天才なのだ。」
ターゲットは20~30代 ユニークCMで認知拡大を目指す
ムーチョに『無我夢中』に「カラムーチョ」35周年キャンペーン
月額39円で3点借り放題 服を借りることの習慣化、目指す
「てりやきマックバーガー」30周年 YOSHIKIさんがムチャぶり!
まぐろ、にわとりによる長年の抗争の末「シーチキンチキン」誕生
チョコレートの要素を盛り込み 9名の人気作家が書き下ろし

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する