広告マーケティングの専門メディア

デジタル偏重の落とし穴!?「×アナログ」の最適解を探せ

マーケティングプラットフォームの活用で実現する、ROIに見合うアナログコミュニケーション

日本オラクル 中嶋祐一

バリアブル印刷をはじめとする進化した印刷技術と、マーケティングオートメーションを組み合わせることで、プリントメディアのパーソナライゼーションが可能になってきています。具体的に、どのようなメッセージをどのように届けることができるのか。仕組みの側面から解説します。

日本オラクル
クラウドアプリケーション 事業統括
マーケティングクラウド 統括本部
シニアソリューションコンサルタント マネージャー
中嶋祐一氏


企業が統合コミュニケーションを実行する上で不可欠なのがデータの統合だが、チャネルごとに異なる複数のツールを運用しているがゆえにデータが分断されている企業が多く、一朝一夕に実現できないのが現状だ。

日本オラクルの中嶋祐一氏は、データを一元化さえすれば最適な顧客体験を提供できるとは限らないと指摘する。「顧客の行動を可視化するだけでは不十分。なぜ顧客がそのような行動をとったのか、行動の背景にある意図やニーズまで理解し、次なるアプローチにつなげなければ、顧客にとって最適な体験を提供し続けることはできません」。

最適なカスタマーエクスペリエンスを提供するための仕組みとして、オラクルでは、マーケティング・セールス・サービスの3つの分野を包括する統合プラットフォーム「Oracle CX Cloud」を提供している。「あらゆるチャネルで得られるデータを統合して分析し、顧客を深く理解する …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デジタル偏重の落とし穴!?「×アナログ」の最適解を探せの記事一覧

デジタル偏重の落とし穴!?「×アナログ」の最適解を探せの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する