広告マーケティングの専門メディア

デジタル偏重の落とし穴!?「×アナログ」の最適解を探せ

デジタル×アナログって、本当に成果が出るの?取り組み始めた4社の実例

大塚製薬、Sansan、富士フイルム、リクルートジョブズ

マーケティングオートメーションから、Eメール(オンライン)とDM(オフライン)を配信し、その効果を検証する実証実験「フルチャネルコミュニケーションプロジェクト」。これに参加した4社がそれぞれ抱えていた課題と、実験を通じて得られた成果を概観します。

[大塚製薬]

    課題:健康食品の初回購入客にリピート購入を促したい。

    成果:Eメール・DMどちらも受領・開封した人の購買評価は、Eメールなし/未開封の人の1.2倍に。

大塚製薬は、健康飲料や栄養補助食品、サプリメントなどを取り扱う公式通販「オオツカ・プラスワン」を運営している。

通販で健康食品を購入した人に対し、リピート購入を促すための効果的なコミュニケーション方法を探っていた同社。その一環で、日本郵便が主催する「フルチャネルコミュニケーションプロジェクト」に参加した。

購入者に対し、(1)Eメールを送付し、開封した人にDMを送付、(2)Eメールを送付し、未開封の人にDMを送付、(3)Eメールを送付せず、DMのみ送付する、の3パターンの施策を実施。その結果、(1)の場合のリピート購入率は(2)や(3)の約1.2倍という結果が得られた。また、(3)についても一定数のリピート購入につながった。

「メールを受信し、かつ開封していることが、DMの効果にも有効」だということが判明し、メールのアクティブ率を高めることが、デジタル×アナログを連携させたコミュニケーションにおいて、ひとつの重要なポイントとなることが見えてきた。

[Sansan]

    課題:オンライン施策に反応しない顧客を、商談獲得につなげたい。

    成果:EメールとDMを組み合わせると、Eメールのみの1.8倍のクリック率、1.5倍の資料アクセス率を記録 …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デジタル偏重の落とし穴!?「×アナログ」の最適解を探せの記事一覧

デジタル偏重の落とし穴!?「×アナログ」の最適解を探せの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する