広告マーケティングの専門メディア

ラジオは感動体験メディアへ

TOKYO FM 藤井大輔さん「統合コミュニケーションメディアに挑む」

TOKYO FM 編成制作局 藤井大輔

TOKYO FMに入社すると、ラジオ単営局と思えない事業領域の幅広さに驚かされます。アプリ、映像配信、イベント、電子書籍、商品開発などなど...。日々番組を軸としたコンテンツマーケティングの領域を拡大し、リスナーと広告主のニーズにお応えしています。それらが生放送と同時に続々と形作られていくさまは、ベンチャーIT企業にも匹敵する爆速っぷりです。

仕事柄、外部のIT企業の皆様とお話をする機会が多いのですが、日々感じるのは、繊細にユーザーの感情をとらえ、コンテンツをタイムリーに発信して、コミュニティを形成することに、ラジオマンの力は大いに期待されているということです。ラジオとSNSが連動した「ソーシャルラジオ」をSNS開発企業と取り組んだ際には、ラジオ側のスタッフがターゲットとなるティーンエイジに刺さるWEBコンテンツの開発でも主導的な役割を果たしました。ラジオマンは、いまやインタラクティブコンテンツプロデューサーでもあるのです。

あと52%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ラジオは感動体験メディアへ の記事一覧

東京ガス、ラジオCM認知者の商品認知率で高いスコア
TBSラジオ・長谷川裕さん「文化系トークラジオLife」の魅力とは?
J-WAVE・手塚渉さん「リクエストから、ミュージック・シェアへ」
ニッポン放送・長浜純さん「ハードはデジタルになっても、ハートはアナログ」
TOKYO FM 藤井大輔さん「統合コミュニケーションメディアに挑む」(この記事です)
「担当者は宣伝経験1年未満だった!」ACCグランプリ獲得、ワコールのラジオCM制作秘話
佐藤尚之さん「地域限定リアルタイム、ラジオの親密さが『新しい』」
箭内道彦さん「ラジオメディアの大逆転劇が始まった」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する