広告マーケティングの専門メディア

ラジオは感動体験メディアへ

ニッポン放送・長浜純さん「ハードはデジタルになっても、ハートはアナログ」

ニッポン放送 営業局 営業戦略室 長浜純

ラジオ局が持つコンテンツを駆使し、局・クライアント・リスナーをつなぐ役として、これまで「パーソナリティと一緒にお酒が飲める居酒屋形式の公開録音イベント」など、効果的なラジオ局の活用方法を意識しながら、企画立案してきました。企画のタネを見つけ、どう花を咲かせていくか、ここにラジオの真骨頂があると考えています。ストーリーがない企画に、人は心を動かされないからです。ネットやradiko.jpの普及もあり、ラジオの聴かれ方に変化が生まれました。しかし、「ハードはデジタル」になっても、「ハートはアナログ」なもの。伝え方は変わりません。これまでもラジオは「2wayで繋げる」ことを最大の武器にしてきました。そこにSNSが加わり、連動した成功事例が数多く生まれました。成功へのキーワードは「共有・共感」です。

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ラジオは感動体験メディアへ の記事一覧

東京ガス、ラジオCM認知者の商品認知率で高いスコア
TBSラジオ・長谷川裕さん「文化系トークラジオLife」の魅力とは?
J-WAVE・手塚渉さん「リクエストから、ミュージック・シェアへ」
ニッポン放送・長浜純さん「ハードはデジタルになっても、ハートはアナログ」(この記事です)
TOKYO FM 藤井大輔さん「統合コミュニケーションメディアに挑む」
「担当者は宣伝経験1年未満だった!」ACCグランプリ獲得、ワコールのラジオCM制作秘話
佐藤尚之さん「地域限定リアルタイム、ラジオの親密さが『新しい』」
箭内道彦さん「ラジオメディアの大逆転劇が始まった」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する