広告マーケティングの専門メディア

言葉とコミュニケーションの技術

就活のES「皆と同じようなことを書けば落ちるとわかっているのに、書いてしまう」人へ

電通 小島雄一郎+笹木隆之

034_03.jpg

多くのライバルから抜きん出て、自分らしさを伝えるためには自分ならではの言葉が必要に。

就職活動で選ばれるための自己PRの言葉

1.「自分の言葉」であること
 自分の言葉は、脳内で自問自答しているときに交わされている「考える言葉」のこと

2.脳内で交わされた「考える言葉」の量が自己PRの質に影響する

3.他人の言葉は使わない

同じようなことを書けば落ちる

たった400字で人生が変わることがあります。

400字の自己PR。話し言葉にすると約1分程度の言葉で採用か不採用かが決まる就職活動の世界。近年はインターンシップなどを通じて長期的に学生を見極めようとする流れもありますが、いまだにエントリーシートをはじめ言葉のみで選考される場面は多く存在します。

中でも、自己PRをどう書くべきかは、多くの学生が悩むポイントでしょう。(私たちもそうでしたが)多くの学生たちは自己PRを書くために書店やWEBで「はじめて書く自己PR」や「私はこう書いた」のような指南書を探して読み込むことでしょう。

ただ、私たちが面接官の立場になってわかったことがあります。それは言葉のみの選考の場合「みんなと同じようなことを書けば受かる」のではなく、「みんなと同じようなことを書けば落ちる」ということです。

あと80%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

言葉とコミュニケーションの技術 の記事一覧

就活のES「皆と同じようなことを書けば落ちるとわかっているのに、書いてしまう」人へ(この記事です)
「ユネスコ世界寺子屋運動」に見る、自分ごと化できる言葉の法則
Yahoo! トピックスに学ぶ「インターネットで読まれやすい言葉」のルール
怒れない上司や先輩が増えると、「言葉」の本が売れるというカラクリ
これからの政治家に求められる言葉のあり方
キャッチコピーが存在しない海外の広告クリエイティブ。言葉はどこへ行ったのか
真の「プロフェッショナル」とは、軸となる言葉を持つ人
チームラボ代表・猪子寿之に聞く、言葉を必要としない「インスタレーション」増加のワケ
マルチメディア、トリプルスクリーンは日常風景に。媒体別に検証「ライティングのポイント」とは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する