日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

広報の仕事 課題と戦略 2020

2019年も企業不祥事が多発 ネット炎上対策のテコ入れへ

編集部調査

2019年も組織による不祥事やネット炎上が多発し、企業側の対策も進んでいる。メディアトレーニングやネット上のモニタリングを実施している企業は微増となった。













広報関連部門にも急務 ガイドライン策定と体制づくり

オウンドメディアの活用、その発信のためのSNSアカウント運用などとともに、ネット炎上のリスク対策を改めて見直す企業が増えている。2019年は従業員による不適切な投稿も多かったが、危機意識を高めつつも対策はこれからというフェーズの企業が多いようだ。

ガイドラインの策定が不十分

災害広報を含め、突発的な対応が求められる場面でのガイドラインの策定などが行き届いていないことが今年度の課題。次年度に向けて対策を講じる予定(IT・情報通信) …

あと81%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広報の仕事 課題と戦略 2020の記事一覧

広報の仕事 課題と戦略 2020の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する