日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

広報の仕事 課題と戦略 2020

インターナルコミュニケーション活性化へ、社内SNSの活用なども増加

編集部調査

ランクは前年の2位から下がったが、企業ブランディングの一環としても重視されている。社内広報の活動内容に関する調査では、特に社内SNSの活用が増加傾向にある。









組織の一体感醸成が課題 人員リソース確保にも苦労

ビジョンや指針を定めたものの、社内の共有・浸透までが課題となっている企業が多い。そもそも社内広報に人員などのリソースを確保できないというケースも。社内報やイントラネット、社内SNSなどのツールを使った従業員との接点開拓についてもリニューアルを重ねるなど、模索している企業の声が目立った。

モチベーション低下が課題に

全社としての理念、ミッションはあるものの、各事業部でのミッション、中長期目標が浸透しておらず、メンバーのモチベーション低下、離職増加につながっている。理念・ベクトルの浸透が課題(IT・情報通信) …

あと81%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広報の仕事 課題と戦略 2020の記事一覧

広報の仕事 課題と戦略 2020の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する