日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

広報の仕事 課題と戦略 2020

SDGsへの関心度が大幅アップ 理念・ビジョン重視の広報へ

編集部調査

前回調査(4位)と比較して、ランキングの順位がアップしたのが企業ブランディング。SDGsへの関心度も11.0ポイント増となるなど、広報の課題と捉える企業が増えてきた。







「ブランド経営」の重要性 社内の理解を深めるには?

広報とコーポレートブランドの結びつきについては、本誌でも繰り返し報じてきたとおり。担当者の間ではその重要性が理解されているが、経営サイドでの理解が追いついていないという悩みが多く聞かれた。ブランド先進企業の取り組みなどを参考に、社内理解を深めていきたいところだ。

ブランドへの投資に理解がない

直接的な売上に寄与しないことに、ヒト、モノ、カネを投じる風土がまったくない。その点の理解を、会社にどのように働きかけたらいいのか途方に暮れている(電機・精密機器)

ビジョン不在が課題

どの情報を発信するか取捨選択し優先順位がつけられていないところが課題。そもそもどういう企業になりたいのか・見られたいのか、方針が決まっていない(広告・メディア・報道機関)

自治体や警察とコラボ

テレビや新聞への露出など通常の広報活動に加え、地方自治体や警察とのコラボレーションを実施するなど、CSR活動を積極的に実施(IT・情報通信) …

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広報の仕事 課題と戦略 2020の記事一覧

広報の仕事 課題と戦略 2020の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する