日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

災害リスク 広報が備えておくべきこと

スタンプがコミュニケーションツールに? シヤチハタが産学連携で防災啓発

シヤチハタ「 防災・減災スタンプラリー」

企業ミュージアムなどに向けてスタンプラリーセットを販売しているシヤチハタ。東北大学との共同開発で生まれた「防災・減災スタンプラリー」は、小学校の授業などに導入され、防災について考えるきっかけとなっている。

シヤチハタは従来から企業ミュージアムやレジャー施設などの集客支援や回遊性の向上のため、スタンプ台や台紙などを含むスタンプラリーセットを販売し、運営をサポートしている。このスタンプラリーの仕組みを使って何か新しい取り組みができないかと考え、2017年から小学校などに向けて販売しているのが「防災・減災スタンプラリー」だ。

東北の小学校を中心に実施

防災・減災スタンプラリーは、スタンプを押しながら災害時の避難ルートを回り、防災知識を楽しく学ぶことができる。スタンプは赤・緑・青の3種類あり、選んだスタンプの種類によって「自立タイプ」「協力タイプ」「支援タイプ」に分かれるようになっている。現在、海岸部バージョンと山間部バージョンの2種類があり、東北地方の小学校などを中心に、2018年だけで10カ所以上で実施された …

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

災害リスク 広報が備えておくべきことの記事一覧

災害リスク 広報が備えておくべきことの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する