日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

伝説のPRパーソン

大統領広報のパイオニア──セオドア・ルーズベルト

河西 仁(ミアキス・アソシエイツ 代表)

北米で19世紀後半以降に活躍し、現代広報PRの歴史的発展に貢献した偉人の功績を紐解きます。

    「大統領広報」のパイオニア
    セオドア・ルーズベルト

    セオドア・ルーズベルト
    Theodore Roosevelt
    (1858-1919)
    Hulton Archive/ゲッティイメージズ

    ◆ プレスルームを改装し、記者懇談会を毎日開催
    ◆ 公式の大統領報道官を初めて登用
    ◆ 報道を前提とした広報写真や地方遊説を導入

ルーズベルトは軍人や政治家、歴史家、探検家など様々な顔を持っていました。1901年9月、暗殺されたウィリアム・マッキンリー大統領に代わり、副大統領だったルーズベルトは史上最年少の42歳で第26代大統領に就任。日露戦争(1904-1905)後の調停役が評価され、アメリカ初のノーベル平和賞を受賞しています。強いリーダーシップを持って多くの政策を進めました …

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

伝説のPRパーソン の記事一覧

大統領広報のパイオニア──セオドア・ルーズベルト(この記事です)
PRエージェントの社会的地位向上に尽力した、広報のゴッドファーザー
トーマス・エジソン―企業間競争にプロパガンダを持ち込んだ発明王
現代パブリック・リレーションズのパイオニア、アイビー・リーの功績をたどる
企業広報・広告のパイオニア、セオドア・ベイルの功績をたどる
『グレイテスト・ショーマン』のP.T.バーナムは興行パブリシティの先駆者

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する