日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

大使館探訪

カナダ大使館で発見、233席の大型シアター

カナダ大使館

カナダ大使館地下2階にある、全233席のシアター。カナダが誇るさまざまな文化を発信するため、1991年に開設された。5月28日、カナダと日本の外交関係樹立85周年を記念したドキュメンタリー映画の上映イベントが華やかにスタートした。

「オスカー・ピーターソン シアター」と刻まれた重厚な石造りのエントランス。扉を開くと、そこには全233席の劇場が広がっている。ここは、東京・赤坂にあるカナダ大使館地下2階のシアター。カナダが誇る様々な文化を伝える目的で開設されたもので、映画上映会のほか、各種講演、ライブや演劇が行われることもある。広報部長のローリー・ピーターズ参事官は、「大使館は、国をプロモートするための場所。シアターは、カナダの文化的な側面を訴求するために非常に重要な施設」と話す。世界各国にあるカナダ大使館すべてにシアターがあるわけではないが、日本は特に重要なマーケットであることから、1991年に設けられた。

2014年は、カナダと日本の外交関係樹立85周年、またカナダ国立映画制作庁(NFB)創立75周年という節目の年にあたる。カナダ大使館ではこれを記念し、ドキュメンタリー映画の上映イベント「カナディアン・ストーリーズ」をスタート。左の写真は、5月28日に行われた、そのキックオフイベントの様子だ。この日、ゲストスピーカーとして ...

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

大使館探訪 の記事一覧

カナダ大使館で発見、233席の大型シアター(この記事です)
専属料理人がおもてなし。チュニジア大使夫人主催のランチ会に潜入!
「エネルギー問題解決のキー、あります」。オランダのユニークPR施策
フィンランド大使館の報道官が実践中の「サウナ外交」とは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する