日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

大使館探訪

専属料理人がおもてなし。チュニジア大使夫人主催のランチ会に潜入!

チュニジア共和国大使館

img01

5月初旬のある日、チュニジア大使公邸では、モニラ・クリフ駐日大使夫人の招きで昼食会が開かれた。夫人は伝統的な民族衣装に身を包み、ゲストを迎え入れた。

5月初旬のある日、千代田区・九段のチュニジア大使公邸のレセプションルームには、豪華な地中海料理が並んでいた。ムニラ・クリフ駐日大使夫人がメディアを招いてランチを楽しむためだ。大使公邸では本国の要人来日の際、日本や関係国の要人を招き、食事会が開催されている。「ブリック」と呼ばれる卵の包み揚げ、世界最小のパスタ料理である「クスクス」、赤唐辛子の調味料「ハリッサ」など伝統的なチュニジア料理を用意するのは、大使公邸お抱えの料理人2人だ。

チュニジアは地中海文化圏に含まれるが、紀元前には先住民のベルベル人、栄華を極めたカルタゴ時代、ローマ帝国時代、オスマントルコをはじめとするイスラム王朝時代、フランス保護領時代などを経て1956年に独立。さまざまな歴史のスパイスが加わり、独自の進化を遂げてきた料理は、歴史や文化を感じてもらえるPRツールだ。

「チュニジアは、カルタゴ・ローマ遺跡など8つの世界遺産を有し ...

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

大使館探訪 の記事一覧

専属料理人がおもてなし。チュニジア大使夫人主催のランチ会に潜入!(この記事です)
「エネルギー問題解決のキー、あります」。オランダのユニークPR施策
フィンランド大使館の報道官が実践中の「サウナ外交」とは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する