日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

地域活性化のプロが指南

正しい査定で、地域の「お宝資源」を発掘せよ

佐藤真一(バリュー・クリエーション・サービス 代表取締役)

あの手この手で繰り広げられている自治体のPR合戦。地域の魅力を発信していくにあたり、押さえておくべきポイントとは?地域活性のプロが、リレー形式で指南します。

img05

観光資源の洗い出しと見極め

「何をPRコンテンツとして扱うか?」は自治体にとって常に悩むところであり、中には「PRは必要だが、自慢できるような地域資源がない!」という地域も見受けられます。実は「自慢できる地域資源がない」という言葉は地元側の思い込みであり、“カスタマー視点”による精査が十分に行われていないケースが多いと思います。ここで必要なことは、正しいマーケティング術による地域資源の査定です。それでは、どんな観点でマーケティングを行えば良いのでしょうか?今回は、筆者が自治体PRのコンサルティングで常に活用している“じゃらんリサーチセンター(リクルートライフスタイル)”が開発した“GAP調査”というマーケティング術を紹介します。

この“GAP調査”とは、対象となる地域が有する自慢の地域資源を観光振興の対象とするエリアの方々に対して「認知度×関心度」という切り口でアンケート調査を行い、多くの地域資源群の中から“観光資源化”が可能なものを抽出するマーケティング手法です。図をご覧ください。“認知度が高く、関心度が高い”ものは「スター資源」と呼んでおり、現状で最もPRに向いている地域資源です。“認知度が高く、関心度が低い”ものは「マンネリ資源」と呼んでおり、顕在化しているPR情報では価値が低いと評価される地域資源です。“認知度が低く、関心度も低い”ものは「見直し資源」と呼んでおり、現状で最もPRに向かない地域資源です。“認知度が低く、関心度が高い”ものは「お宝資源」と呼んでおり、最も注目すべき地域資源です。

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

地域活性化のプロが指南 の記事一覧

正しい査定で、地域の「お宝資源」を発掘せよ(この記事です)
『地元視点からの脱却』が功を成した、大分県日田市の人気ご当地グルメ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する