日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

本田哲也のGlobal Topics

「イケメン1億人に髭を剃らせよ!」インドで成功した戦略PR

本田哲也(ブルーカレント・ジャパン 代表取締役社長/米フライシュマン・ヒラード上級副社長兼シニアパートナー)


髭を剃った方がセクシー? ジレットがカミソリを売るために仕掛けた戦略PR。

4月になりました。新学期。新年度。新生活。不安と期待の入り混じった、そんなムードの時期。このコラムの読者にも、ひょっとしたら広報PRの仕事に着任したばかりで、やや挙動不審な方もいらっしゃるかもですね。10ウン年前の僕のように......(遠い目)。さて、新生活の始まりは「新しい習慣」を身につける絶好のタイミングでもある。がしかし、それが、「1億人の男性に髭を剃らせる」という壮大な目標だったら─今回は、インドを舞台にした戦略PRの成功例をご紹介しよう。

キャンペーンを展開したのは、世界的なカミソリメーカーのジレット。世界有数のシェアを誇るブランドだが、男性総人口が5億人を超えるインドでは苦戦していた。ここで皆さん「インド人男性」をイメージしてほしい。何となく、「ヒゲがある男」を想像したのでは?─そう、実際にインド人にも「髭があったほうがイケメン」という認識が根強くあった。これではいくらカミソリを宣伝したところで、売れるわけはない。さてどうするか。ジレットがとった戦略はこうだ。まずインド社会に「髭を剃ったほうがイケメンかもしれない」という空気を醸成し、男性たちの関心を集める。そのうえで、大々的な商品キャンペーンを展開し、購入を促進させる。

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

本田哲也のGlobal Topics の記事一覧

「イケメン1億人に髭を剃らせよ!」インドで成功した戦略PR(この記事です)
ローマ法王、人気急上昇の裏にPR専門家
「美女の国」ウクライナの鉄鋼工場大作戦
PR界のカンヌ「セイバー賞」グランプリ受賞、マークス&スペンサー「いらない服の寄付キャンペーン」とは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する