日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

経営を変える広報

1月に社員食堂オープン。爆速で臨むヤフーのインナー広報

宮坂学(ヤフー)

インターネット界の「巨人」ヤフーが内側から変わろうとしている。率いるのは、11歳の若返りで経営を託された宮坂学社長。大胆な舵取りの裏側にある、社内広報の取り組みを聞いた。

利益よりもワクワク感

「爆速」がヤフーの新体制を象徴するキーワードとして話題になりましたが、初めから狙っていたわけではありません。もとは社長就任前に幹部に向けて実施したプレゼンでの言葉の一つでしたが、ウェブメディアに紹介されたのをきっかけに、たちまち多くの方に知られるようになりました。それを受け、「爆速」を初年度のスローガンにしたり、Tシャツをつくるなどしてアピールしていきました。私たちも話題に乗っかったわけです。

インターネットの主戦場がPCからスマートデバイス(スマデバ)にシフトする中で、これまでPC領域で勝ってきた当社のビジネスをスマデバに大きく舵を切るのが、バトンを引き継いだ私の使命です。この分野のビジネスには前例がなく、地図のない世界を探検するようなものです。そうした中では、あらゆるチャレンジを実行して、道に迷ったらいち早く引き返し軌道修正しながら進んでいく、スピーディーな判断力と行動が求められます。前社長の井上(雅博)さんからは、「これまで築き上げてきたものを壊さねばならないと判断したら、万が一でも躊躇するようなことがあってはならない。必要なら全部壊したってかまわないから、おまえが変えていけ」と強く背中を押されました。「爆速」という言葉は、新しいヤフーが目指す方向性をまさに示していたと思います。

あと82%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

経営を変える広報 の記事一覧

1月に社員食堂オープン。爆速で臨むヤフーのインナー広報(この記事です)
VOYAGE GROUP宇佐美社長が目指すのは、ドライでなくウェットな組織
カルビー松本会長が語る「J&Jでも今も、広報は優秀な人材に任せてきた」理由
低価格メガネ「ゾフ」、社長が接客改革に取り組んだ理由
芦屋の老舗洋菓子、創業2代目が臨んだ経営改革
東大発のバイオベンチャー「ミドリムシの広報マン」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する