販売促進の専門メディア

           

ポップアップストア・イベント盛況計画

バリスタ不在の覆面カフェ 先入観なくカプセル式コーヒーを飲んでもらう仕掛けとは

小牧美沙氏(UCC)

2023年7月に突然現れた期間限定カフェ「ひみつのドリップ」はバリスタがいないにもかかわらず、本格的なコーヒーが飲めると話題になった。実はこのカフェはUCCが展開するブランド「ドリップポッド」が実施しているポップアップイベントだったのだ。本施策の目的と注力した点について担当者の小牧美沙氏に話を聞いた。

UCCが2023年7月にオープンしたアイスコーヒー専門店「ひみつのドリップ」。来店者は、専用のオーダーシートを記入し、しずく形の店内ポストに投函することでコーヒーを注文できる。「No BARISTA,But GOOD TASTE」のコピー通り、同店舗にバリスタはいないが、14種類のコーヒーとブラック・ミルク・炭酸など飲み方の組み合わせで56通りの飲み方を提供した。

オーダーシートを記入する際のヒントとなるように、コーヒーの味わいを酸味×苦味、マイルド×コクの4象限で表した「味わいMAP」と、その時の気分から感覚で選べる「気分MAP」を用意。

コーヒーを楽しんだ後に「店主からの手紙」で種明かし

「この施策は当社のカプセル式ドリップコーヒーシステム『ドリップポッド』のプロモーションとして行った施策です。先入観なく同製品で淹れる珈琲のおいしさを感じてもらうため、あえてPRしたい商品の内容は注文後まで隠しました」と話すのはUCCグループ ソロフレッシュコーヒーシステムの小牧美沙氏。

ドリンクに添えた「店主からの手紙」で、提供されたコーヒーが「ドリップポッド」で淹れたものであることを明かす仕掛けは、来場者から好意的なコメントが寄せられた。

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「ここでしかできない体験」が人を動かす ポップアップストア・イベント盛況計画の記事一覧

「ここでしかできない体験」が人を動かす ポップアップストア・イベント盛況計画の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する