販売促進の専門メディア

           

アクティベーションツール

冬が来れば毎年会えるメルティーキッス

小川裕子氏(小川裕子デザイン)

販促に欠かせないツール・手法ごとに毎号、活用アイデアが抜きんでた例を紹介。各領域の“目利き”である専門家が選んだ事例と分析を、次なる企画のヒントに。

    PACKAGE

    明治 Meltykiss

冬のキッスは雪のようなくちどけ〜、降る雪が全部メルティーキッスなら〜いいのにね〜。のCMでお馴染みの明治「Meltykiss」である。

そして私の会社の代表作である。実はこの「Meltykiss」、毎年デザインを変更してきたことを皆さまはご存知だろうか? 10月に発売しておおよそ3月には姿を消す冬の季節商品。4月〜9月に「Meltykiss」を見かけることはほぼない。

お客さまの記憶が一旦切れるのだ。しかし、お客さまは冬に再登場したこの「Meltykiss」をまた温かく迎え入れてくれる。

明治/Meltykiss

シンプルになったデザイン

今年のMeltykissはできる限りシンプルを目指した。毎年少しずつコンセプトが変わるのだが「今年はシンプル」。とはいえこの商品はお客さまに冬の幸せをお裾分けする立ち位置だしメルティーなキッスだ!甘くとろけるようなシーンでなければ成立しない。クールすぎたらメルティーではなくなってしまう。

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

冬が来れば毎年会えるメルティーキッス(この記事です)
子どもの視点で楽しい買い物体験
OOHならではの企画の肝とは?
「イマーシブ」は2024年のトレンドとなるか?
「買い物」を文化へと昇華させた体験
店舗での体験を自宅へ「持ち帰る」感覚
駅のポスターで謎解き
商品が美しければパッケージは簡素化できる
応援広告のシン形態
先進の売り場の中の、昭和レトロな世界観
人類の「ギフト」体験は、進化しているか?
花火も美しいパッケージ
習慣を変える朝活体験コミュニティ
場所の特性を活かして世論を巻き込む

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する