販売促進の専門メディア

顧客の目的別・化粧品の売り場づくり

テスターバーやシュミレーターも コスメロフトの売り場作り

コスメロフト東急プラザ表参道原宿店

ロフトがことし4月から展開する、コスメに特化したバラエティショップ「コスメロフト」。駅前や駅ナカなど、主に若年層女性の生活導線上に出店を進める。

利用者層と来店目的

●主にコスメへの感度が高い15歳から25歳の女性
●通勤・通学途中の方
●「テスターで試したい」「試すのは気が引けるが似合うか知りたい」

「コスメロフト」の店頭。雑貨店「ロフト」と比べ、来店者の平均年齢が5歳ほど若い。

便利で季節感・新しさのあるお店に通いたい

「コスメロフト」は、美容・健康雑貨の売り上げが90%を占める、コスメに特化したバラエティショップだ。ロフトが4月19日に1号店を「東急プラザ表参道原宿」(東京・渋谷)5階にオープンした。

主な顧客層はコスメへの感度が高い15歳から25歳の女性。雑貨店「ロフト」の主な顧客層が20歳から30歳の女性であることに比べると、年齢層は低い傾向にある。

通勤や通学の際にも寄れる駅前や駅ナカなどの利便性の高い立地を中心に、今後5年で50店舗の出店を目指す。

店舗に毎週立ち寄ってもらえるよう、季節感のある商品や、顧客層に合わせた雑貨も取り揃えている …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

顧客の目的別・化粧品の売り場づくり の記事一覧

伊勢丹新宿店 化粧品フロアがリニューアル 顧客ニーズに合わせた売り場作り
自分で自由に見て試したい方向け「イセタン ミラー」の売り場作り
テスターバーやシュミレーターも コスメロフトの売り場作り(この記事です)
「見る」「試す」「買う」の動線重視 ツルハドラッグの化粧品売り場作り
緊急需要に応える!ローソン「インテグレート ポーチインコスメシリーズ」の工夫
化粧品を販売する5つのチャネルを分析 消費者は店頭で何を求めている?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する