販売促進の専門メディア

顧客の目的別・化粧品の売り場づくり

「見る」「試す」「買う」の動線重視 ツルハドラッグの化粧品売り場作り

ツルハドラッグ

「ツルハドラッグ」は北海道や東北地方を中心に全国に店舗を展開するドラッグストアチェーンだ。「見る」「試す」「買う」の動線を重視した店舗づくりを行う。

利用者層と来店目的

●30歳代後半から40歳代の主婦層、シニア層
●化粧品は価格帯や機能性重視
●「生活雑貨のついで買い」

自社開発のテスター什器。ラックにつり下げた商品の下部スペースを活用し、テスターを並べた。

さまざまな商品を試して、すぐに買いたい

ツルハ(札幌市)が運営する「ツルハドラッグ」は国内に1208店舗(2019年8月時点)を展開している。2019年5月期は売り上げの約5分の1を化粧品カテゴリーが占めた。

「化粧品カテゴリーでは店内の限られた売り場で、できるだけ多くの商品を試していただくことを心がけています」と話すのはツルハグループマーチャンダイジングの村松裕幸氏(第二商品調達部部長)だ。

しかし、メーカーが支給する什器は、デザイン性が高い一方で幅を取り、陳列数を確保できないものが多かった。「そこで...

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

顧客の目的別・化粧品の売り場づくり の記事一覧

伊勢丹新宿店 化粧品フロアがリニューアル 顧客ニーズに合わせた売り場作り
自分で自由に見て試したい方向け「イセタン ミラー」の売り場作り
テスターバーやシュミレーターも コスメロフトの売り場作り
「見る」「試す」「買う」の動線重視 ツルハドラッグの化粧品売り場作り(この記事です)
緊急需要に応える!ローソン「インテグレート ポーチインコスメシリーズ」の工夫
化粧品を販売する5つのチャネルを分析 消費者は店頭で何を求めている?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する