販売促進の専門メディア

顧客の目的別・化粧品の売り場づくり

緊急需要に応える!ローソン「インテグレート ポーチインコスメシリーズ」の工夫

ローソン「インテグレート ポーチインコスメシリーズ」

資生堂とローソンが2015年9月から全国の「ローソン」で販売する「インテグレート ポーチインコスメシリーズ」。緊急需要に応えるべく、商品には工夫が詰まっている。

利用者層と来店目的

●主に20歳代の女性。40歳代も。
●「急にコスメが必要になった」

ローソンの「インテグレート」売り場。最上段が「インテグレート ポーチインコスメシリーズ」。下2段は通常の「インテグレート」製品。ブランドカラーの赤を基調に、店内での視認性を高めている。

急にコスメが必要になった・便利で手ごろな価格の商品が欲しい

ローソンは2015年9月から、資生堂の化粧品ブランド「インテグレート」と共同企画した、「インテグレート ポーチインコスメシリーズ」を全国で販売している。

「ポーチインコスメシリーズ」は、「インテグレート」のヒット商品であるマスカラを皮切りに、急に化粧品が必要となった顧客のニーズに対応する、ファンデーションや化粧下地などのベースメイクなどをテスト販売。その後は新作を年2回のサイクルで発売しながら、現在ではアイブロウやアイシャドウ、チークなどを幅広く展開している。価格はすべて500円(税抜) …

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

顧客の目的別・化粧品の売り場づくり の記事一覧

伊勢丹新宿店 化粧品フロアがリニューアル 顧客ニーズに合わせた売り場作り
自分で自由に見て試したい方向け「イセタン ミラー」の売り場作り
テスターバーやシュミレーターも コスメロフトの売り場作り
「見る」「試す」「買う」の動線重視 ツルハドラッグの化粧品売り場作り
緊急需要に応える!ローソン「インテグレート ポーチインコスメシリーズ」の工夫(この記事です)
化粧品を販売する5つのチャネルを分析 消費者は店頭で何を求めている?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する