販売促進の専門メディア

顧客の目的別・化粧品の売り場づくり

伊勢丹 ビューティアポセカリーの「飽きられない」売り場作り

伊勢丹新宿店 ビューティアポセカリー

伊勢丹新宿店本館地下2階に入る「ビューティアポセカリー」は、「ナチュラル」「オーガニック」製品を集めたコンセプトショップだ。トライアル(試用)を重視した「飽きられない」売り場づくりを行う。

利用者層と来店目的

●40歳代の女性が中心で、30歳代、20歳代と続く。中には男性も。
●常に新しいものを探している。
●「何が必要かを見極めたい」

「駆け込み寺」がほしい

伊勢丹新宿店本館地下2階の「ビューティアポセカリー」のコンセプトは「今もこれからも健康でありたい」。主な顧客は一般的にホルモンバランスや、体調の変化を感じやすいとされる40歳代だ。商品は、コスメやスキンケア、ヘアケアなどを中心に、健康食品、サプリメントなどを揃える。カフェやスパ、「女性ライフクリニック新宿」も入居している。

「有機(オーガニック)認証の有無にかかわらず『ナチュラル』『オーガニック』の精神に基づいた200以上のブランドの商品を取り扱っています。ほかのショップとの違いは、極力フルラインでご用意していること。

フロアコンシェルジュが常駐しているため、多くの商品の中からご自身に合うブランド探しのお手伝いもできます。日によりますが、各ブランドのスタッフと当社のスタッフが店頭に立ち、接客を通してお客さまのお悩みに合った商品をご提案しています …

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

顧客の目的別・化粧品の売り場づくり の記事一覧

コスメブランドのデジタル広告のいま 「嫌われない」コミュニケーション設計
「で、使ってみてどうだったの?」「正直な」情報発信が消費者を惹きつける
ECの「試せない」を解消する Amazonのバーチャルメイク機能
伊勢丹 ビューティアポセカリーの「飽きられない」売り場作り(この記事です)
伊勢丹新宿店 化粧品フロアがリニューアル 顧客ニーズに合わせた売り場作り
自分で自由に見て試したい方向け「イセタン ミラー」の売り場作り
テスターバーやシュミレーターも コスメロフトの売り場作り
「見る」「試す」「買う」の動線重視 ツルハドラッグの化粧品売り場作り
緊急需要に応える!ローソン「インテグレート ポーチインコスメシリーズ」の工夫
化粧品を販売する5つのチャネルを分析 消費者は店頭で何を求めている?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する