販売促進の専門メディア

REPORT

スポーツ業界のリーダー語る 業界を取り巻く最先端トピック

Sport Innovation Summit Tokyo 2018(SiS)

2018年11月29日、30日の2日間、六本木ヒルズにて「Sport Innovation Summit Tokyo 2018」(SiS)が開催された。「SiS」は、2014年にメキシコでスタートしたスポーツとそれを取り巻く業界で起きているイノベーションにフォーカスし、世界のトレンドを紹介、議論するイベントだ。

中央で話しているのは、西武ライオンズの事業部マーケティンググループマネージャーの吉田康治氏。その左は、playgroundの伊藤圭史社長、右がサンフランシスコ49ersのムーン・ジャバイド戦略&解析担当副社長。

スポーツ界の「現在」を知り「未来」を想像する

「Sport Innovation Summit Tokyo 2018(SiS)」の特徴はセッションの多様さにある。野球、サッカー、ラグビー、バスケットボールといった競技のクラブで活躍する人材だけではなく、IT企業や研究機関などから専門家、アスリートが集まり、さまざまなテーマについて話し合う。

2017年にはフランス、パリでも開催され、18年はアジアで初めて東京で開かれることとなった。「SiS」の創業者アーナウド・ドリジャード氏はオープニングスピーチで「スポーツの未来はあなた方にかかっています」と語り、来場者にエールを送った。

ティエリー・ボラ氏と、日置貴之氏が交代でモデレーターを務めた各セッションには、各界から招待されたスピーカーが登壇。約15分間の持ち時間でテーマに沿ったプレゼンテーションを行い、モデレーターやほかのスピーカーの質問に答える形で進められた。

ボラ氏はコカ・コーラ社で20年間、国際的なスポーツイベントとのコラボレーションを統括した経歴を持ち、日置氏は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会における開閉会式のプロジェクトマネージャーを務めている …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

REPORT の記事一覧

スポーツ業界のリーダー語る 業界を取り巻く最先端トピック(この記事です)
千円で酔えるファスト居酒屋 若年層やインバウンドの獲得へ
D&Gのいちばん長い日 中国市場を失うまで
期間限定レストラン 「認知の質」向上に着目
「未来型店舗=無人店舗」ではない。人の温かみある店舗からリアルならではの価値発信
博多・天神一帯の商業施設が安室奈美恵さん一色に
完全子会社の情報銀行設立 企業のマーケティング充実へ
ちふれが百貨店向け新ブランド 価格以上の品質を強みに
中国で美容への需要増加 日本の高い技術への関心高まる
オンラインでの旅行予約に 新たな市場創造の可能性
ゾゾスーツで体型データ計測 ビジネススーツ販売開始

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する