販売促進の専門メディア

ECの壁 突破口は「人」

国内Eコマース関連 トピックスまとめ

日々、新しいニュースが飛び込んでくるEコマース分野。ここ1カ月ほどでも話題に事欠かなかった。生鮮品販売や自動運転といった最前線のトピックスから、ハンドメイドC to C、そして後払い決済といった、すそ野の拡大を感じさせるトピックスまで、主だったもの4本を取り上げる。

TOPIC_1

アマゾンの生鮮品配達、東京の一部地域でサービス開始

生鮮食品や専門店グルメまで10万点以上の商品購入が可能に

「Amazon.co.jp」は4月21日、新鮮な食料品を購入できる、同社の有料会員向けサービス「Amazonフレッシュ」の提供を開始した。

野菜や果物、鮮魚、精肉、乳製品など1万7000点以上の生鮮品のほか、キッチン用品、健康・美容用品、ベビー用品、ペット用品などの日用品・雑貨も取り扱い、合計で10万点以上の商品を購入できる。

一般的なスーパーで購入できる食品や日用品はもちろん、人形町今半の精肉、モンシェールで人気のロールケーキ「堂島ロール」、オイシックスの有機野菜など専門店の食品・食材も取り揃える。契約農園から仕入れた、採れたての野菜や、その日の朝に加工した鮮魚などを販売する「新鮮市」を週に2回開催予定。

配送対象エリアは東京都の港区、千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区の6区域(一部エリアを除く)で開始。今後順次拡大する予定。

Amazonの有料会員は30日間の無料期間後、月額500円(税込)で、同サービスを利用できる。

Amazonフレッシュは、2007年に米国シアトルでサービスを開始し、2017年4月現在でニューヨークほか米20カ所に拡大。英国でも昨年7月にロンドンの一部地域でスタートし、エリアを拡大している。


TOPIC_2

拡大し続けるC to Cマーケット
ハンドメイドで年間流通45億円弱

登録者数は33万人超 月間10万円以上売る人は1400人

ハンドメイド作品の個人間取引(C to C)Eコマースの「minne(ミンネ)」が着実に勢力を伸ばしている。

ことし2月末にはスマートフォンアプリのダウンロード数が700万件を突破。アプリ上でハンドメイド作品を販売したり購入したりできる手軽さが受けた。4月10日現在で33万4000人が作家として登録し、531万点の作品が展示・販売されている。

一昨年から認知度の拡大を目的にプロモーションを強めており、年間流通総額は前年比4.2倍の44億6000万円に達した。日本ホビー協会の調べでは、国内のC to Cハンドメイドサイト(マーケット)の流通額は拡大を続けており、2016年は前年比2.6倍の192億円に到達したという ...

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ECの壁 突破口は「人」の記事一覧

ECの壁 突破口は「人」の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する